トクーピーの韓国サバイバル日記

韓国で、より快適に生き抜け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 ~冬の王国~

コンジュ、人生初の映画。

キョウルワングk
겨울왕국 (冬の王国  日本題:アナと雪の女王
본포스~1冬の王国

ディズニー映画です。


コンジュの通うオリニチブで、
お友達がみんな、この話をしてるらしく、
コンジュは、見たこともないのに、
友達の持ってきた本を見て、話を聞いて、
登場人物の名前も全部、覚えて来て、
楽しそうに話すので、

かわいそうに思って、
まず、本を買ってあげました。

喜んで本を持って、オリニチブに行って、

そろそろ、このネタは終わりかと思いきや、

最近では、映画の中の歌を歌う友達もいるとかで、
(さすがに、サウンドトラックまでは、
買う気にならず

ついに、映画を見に行くことにしました。


一緒に本を読んだ私も、旦那も、
面白そうだから見たい、と思ったので、
家族全員で行くことにしました。


映画館で映画を見る、ということの説明をしても、
まだ理解できないらしく、
駐車場で、
「ディズニー映画アイスはどこ?」と、聞くコンジュ(笑)
前回見た、ディズニー・オン・アイスと区別がつかず、
アナやエルサが、目の前でスケートすると思っているらしい。

これが、映画館ですよ~
s-IMG5957初映画 初めての映画館だ~

s-IMG5959映画座席クッション
子供用にクッションの貸し出し有り。

s-IMG映画座席
今回も、前日に予約代行サービスに頼みましたが、
大人気で、2列目しか空いてなかったのですが、
ラッキーにも、コンジュの席の前だけ、間隔があり

~ストーリー~

王女である2人の姉妹、エルサとアナ。
姉のエルサには、生まれながらに、物を凍らしたり、雪を降らせたりする能力があり、
仲良く遊んでいる時に、誤って妹のアナに、冷気を浴びせてしまい、
それ以来、妹を傷つけるのを恐れて、
能力を人々に知られないように、制御しようと
部屋に閉じこもって暮らします。

アナは姉の能力を忘れて育ち、
両親が亡くなって、エルサが女王になる日、
人々の前で、能力が爆発してしまい、
山奥に逃げて城を築いて暮らし始めるエルサ。
その日から冬になってしまった王国に
夏を取り戻す為、
アナはエルサに会いに行きます…



ミュージカル仕立てになってますが、
歌も良くて、
話も面白いし、感動もしました。
コンジュも大好きなキャラ、雪だるまのオラフが、
すごく笑わせてくれます。

全然、飽きさせない作りになっていて、
コンジュも寝ないで、最後まで見れました。

ディズニー映画、
また一つ、名作を作りましたな。


あ、ところで、
私たちは、コンジュのために、
吹き替え版で、デジタル放送で見ましたが、
字幕版だと、
3DXとか、4DXとかも、あるんですよ。
4DXだと、冷たい風をビュンビュン感じるのかしらん。
それも、おもしろそうだなあ~

スポンサーサイト

映画 변호인 (弁護人)

きゃ~ 夏から放置してたのね!ごめんなさい

そして、年まで明けてしまいました

明けましておめでとうございます。^^;

色々、書きたいことはあったのだけど、
めずらしく、お仕事をたくさん頂いて、
昨年末まで、家事までおろそかにしつつ、
必死で働いておりました。

さて、1年の一発目は、
新しく、映画のカテゴリーを作って始めることにします。

コンジュができてから、映画館に行くのが、
1年に1回くらいのペースになってます。
しかも、旦那が平日に休みを取れた時に、突然、行きます。

今回は、2013年の年末に見た映画
ビョノイン
변호인  (弁護人) 
movie_image.jpg

旦那のリクエストですが、
私は、感動ストーリーとか、貧しい時代の話とか、
好きじゃないのですが、リサーチすると、
この時、一番、観客動員数が多く、コメントも良かったので、
まあ、見てみることにしました。

ちなみに、今回のチケットは、
オークションで、映画予約代行サービスというのがあって、
詐欺かも?と疑いつつ、トライして、無事にゲット。
定価1人8000ウォンのところを、手数料込みで6700ウォン

映画の主役の弁護士役は、韓国映画でよく見かけすぎる、
ソン・ガンホさん。

旦那の前情報によると、
主人公の弁護士は、
盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を連想させる設定で、
しばらく公開禁止されていたそうです。

ストーリーは、
貧しく、高卒で、弁護士になって成功した主人公が、
貧しい時代に世話になった、おばさんの息子が
無実の罪で、政府にとらえられ、拷問されていることを知り、
彼側の弁護人となって、闘う、
というものでした。

この時の裁判は、
実際にあった1981年 全斗煥政権時期の釜林事件で、
実際の弁護人もノ・ムヒョン元大統領だったんですね。

ってか、ノ・ムヒョン元大統領の話やん? 連想させる、やなくて。
劇中で、趣味でヨット乗ってたし。まんまやん?


てことで、感想は、
映画としては、思ったより、眠くならず、
笑いもあったし、感動もあったし
ガンホさん、演技うまかったし、最後まで夢中で見れました。
でも、これが本当の話なら、やるせなさすぎ。
こんな事件があっていいのか? 人間じゃない…
こんな歴史があったなんて、
と、普段考えないことを考えさせられた映画でした。

旦那は、ノ・ムヒョン大統領が好きなので、
彼の弁護士時代の心温まる感動ストーリーと思って見たら、
嫌な時代を思い出して、嫌な気分になった、と言ってました

ラストは、感動的に作ってたけど、
内容が内容だけに、重~い気分で帰る映画でした。
いや、でも、お金出して見たことに後悔はしない映画です、
同じガンホさん出演のスノーピアサー(韓国題 설국열차)みたいに...

では、また次回の映画まで~
プロフィール

tocoopie

Author:tocoopie
韓国人の夫と2007年5月から韓国に在住。
2009年9月に長女コンジュが産まれる。
韓国と日本の違いに、時には怒り、時には感心しながら
より快適に暮らせるよう、がんばって生きてます。
サバイバル能力は、ある方なのよね、きっと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。