トクーピーの韓国サバイバル日記

韓国で、より快適に生き抜け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウンマムカード

周りで、妊娠するお友達が増えてきたので、去年の4月に他のブログで載せた内容ですが、
このブログでも紹介したいと思います。

妊娠・出産診療費支援事業

2008年12月頃に始まったサービスらしいです。
国民健康保険加入者及び被扶養者で、妊娠が確認され、申請した者に対して
出産までの診療費を20万ウォンまで援助するという、(2010.4.1申請分より、20万ウォンから30万ウォンへ拡大)
国民健康保険公団と、国民銀行(KBバンク)が提携して行うサービスのようです。

産婦人科で申請書(無料)を出してもらい、国民銀行の窓口で、
コウンマム(고운맘)カード(クレジットカード)を申請します。
そのカードで、産婦人科などでの診察(超音波検診など)費を支払うと、
1日4万ウォンまで、合計20万ウォン(30万ウォン)まで支給されるというもの。
私は、カードを作りに行ってから、3日でできました。

#49324;#51652;blog 022


カード受領時から分娩予定日の15日後(2009.7.1からは分娩予定日の60日後、産後診療も含まれる)
までの支援で、その期間に20万ウォン(30万ウォン)消化できないと、
残金は抹消されるので、使いきれるよう早めにカードをつくった方がいいですよ。

ちなみにこのカードを作る為に、国民銀行の通帳が必要なので、通帳作成のために、外国人の私は、外国人登録証の他に、パスポートの提示も要求されました。(←旦那、ここで激怒)
農協とか、他の銀行では、通帳作るために、外国人登録証だけで良いのに、国民銀行は、ちょっと、敷居が高いというか、お高くとまってるというか・・
私は今回のカードを作るために、通帳が必要ということで、ちゃんと通帳を作ってはくれましたが、
知り合いの日本人は、ただ通帳を作りに行った時には、外国人というだけで、作れなかったとか・・・。むむむむむ


~なんか、韓国も少子化で、出産を奨励してるので、年々、支援が拡大されてるみたいですね。
この先も、金額とか、上がりそうですね~





スポンサーサイト

栄養プラス

保健所で行っている
영양 플러스(栄養プラス)事業というサービスを聞きつけて申請してきました。

低所得世帯で、栄養危機にある人を対象に、
市から、教育と、食品供給をするという福祉サービスです。

対象は、0~5歳の乳幼児、妊婦、出産婦、授乳婦 うち、90名
期間は2009.1~2009.12 (食品供給期間4~12月)
※本人負担金あり

低所得家庭であり、低体重や貧血などの栄養不足と認められたら受けられます。

提出書類は
 ・住民登録謄本
 ・国民健康保険証
 ・国民健康保険料納金領収証
 ・自動車登録証(自動車を持っている場合)
 ・産母手帳(妊婦)
 ・外国人登録証(外国人)

私の場合、
低所得かどうかは、国民健康保険の納金額で決められ、
うちは、ギリギリのところでパス、
栄養不足については、最初に血液検査をして、
貧血の数値が出たので、(喜ぶべきか?!)
このサービスを受ける対象として認められました。

基本的に、栄養についての知識を身につけさせるための企画なので、
月に一回、保健所に行って教育を受けることを条件に、
食品の供給を受けます。

これが送られてきた食品【妊婦・授乳婦用】 (月に2回の配送のうち1回分)
yongyangplus

米、黒豆、のり、ワカメ、人参 (ひと月分)
じゃがいも、卵、牛乳、人参 (15日分)  です。

2回目の配送では、卵、牛乳、じゃがいも、人参 (15日分)が送られてきました。

牛乳なんか、1日に400ml飲めということで、200mlのパックが一回の配送で30パックも
送られてくるんです!!
私が大事に飲んでたら、私があんまし飲まないから、といって、旦那が毎朝ガンガン飲んでますが

保健福祉部で、2008年から全国的に実施されている事業だそうです。
来年からも継続してあるみたいです。
対象の幅が広いし、90名といっても、このサービス知らない人が多いから、いつでも受付けてそう。
不健康に自信のある人(?!)は是非利用しよう!だわ~


産母・新生児援助支援 実態

援助支援の12日間が今日で終わりました。

感想は、
肉体的には助かったけど、精神的に疲れた・・。
やっぱり・・。

ついつい日本の会社のサービスを予想してしまう私、
韓国のこういうサービス機関にそれを求めた私がそもそもの間違いだったのよね。
9時から18時まできっちりサービス内容に書いてある仕事をして、
ちゃっちゃっとビジネスライクにこなしてくれる・・はずがない。

まず、時間は援助のおばさんの都合によって結構自由に変えられるし、
(金曜日は来れないから、その分土曜日2日間延長して働く、とか)
サービス内容の仕事を毎日全部するわけじゃないし、
まったくしなかったサービスもあるし(座浴とか、産後体操とか)
(でも、基本的に、食事の用意と赤ちゃんの面倒と、洗濯物がある時は洗濯はしてくれる)

でも、仕事内容よりなにより、私がやられたのは、
おばさんのパンマル(対等あるいは目下に対する言葉遣い)に始まる上下関係逆転状況だ!
なぜ、私がおばさんに敬語の上に気を遣いまくり、おばさんが私にタメ口?
言葉はパンマルでもやわらかい言い方ならまだ平気だが、
なに、そのえらそうな勢いのしゃべり方?!
なんで、ソファの位置とか鏡の位置を「ここにあるべきだ!」といって、強引に変える?!
なんで私の意見はまるで聞かず、自分の意見を押し通す?!

私の期待は、「乳母」とか「お手伝い」風のサービスだったんだけど、
実態は、やっぱり、義母とか義姉とかの韓国アジュマの口出し指導世話焼き状態。
ってか、うちのお義母さんのほうがずっとやさしいし、気使わないよ

派遣された人が気に入らなかったら、いつでもチェンジできるってことで、
5日目に一度他の人にチェンジしたんだけど、
次に来た人はもっと悪かった・・ これなら最初の人の方が全然マシだった・・
それで、またチェンジしてもさらに悪くなる気がして、結局我慢して最後まで
その人にお願いしました。

ほかにも同じようなサービス提供機関がいくつかあるから、
たまたまあたりが悪かっただけかもしんないけど、
自分で正規の料金を払っては、絶対頼まないぞ!
タダ(同然)で受けられるなら、
洗いものして、ご飯作って(内容は期待しない)、
赤ちゃんみてくれてる間に自分が寝れる、ってことだけ見て感謝するべきなんだな~

子供健康手帳

はじめまして
出てきました。ウリ コンジュニム(우리 공주님 うちのお姫さま)
妊娠・出産・育児ネタの主人公でごじゃいます。

baby

さて、妊娠確認した時に産婦人科でもらった「産母手帳」(산모수첩)が 日本の母子手帳に
あたるものだと思っていたら、出産したら、また2冊もらいました。
「赤ちゃん手帳」(아기수첩) と 「子供健康手帳」(어린이건강수첩)。
2冊とも出産後退院するときに病院で看護婦さんからもらいました。
orinikonngannsucho
写真は「子供健康手帳」で、これが国から出ているものだそうなので、
これが日本でいう母子手帳にあたるものなのかも。
子供の出生時の記録から、予防接種や健康診断の案内記録などが書いてあります。
出生時から12歳までの案内がのってます。

「赤ちゃん手帳」は、出産した病院が出すものみたい。デザインは病院独自のもので、病院名が
書いてあります。
こちらも出生時の記録と予防接種の予定が書いてあって、一番後ろに赤ちゃんの足の裏のはんこ
が押してあります。
こちらは予防接種は12歳までの案内があるけど、
基本的には赤ちゃん時代の情報が詳しくのってます。
予防接種はこれを見ながら、指定された日に保健所に行ったら打ってくれるそう。
良かった・・。何をどうしていいやらわからないもん。

産まれてすぐのB型肝炎の注射と代謝異常検査は産んだ病院で終わってるから、
次は、10月1日にBCG受けに保健所に行けばいい。

それまでは、ゆっくり、ひたすら授乳生活と格闘ら~

産母・新生児援助支援つづき

昨日、国民銀行から、クレジットカードが送られてきた。

韓国では銀行のクレジットカードは、窓口で受け取るか、銀行カード専門の配達人が配達してくる、
みたい。郵便局員や、宅配業者ではない、普通のおじさん、おばさんが夜に電話してやって来たりする。

昨日も案の定、おじさんから旦那の携帯にTELあり、
「トクーピーさん名義のカードを今からお届けします」 とのこと。

旦那も私もクレジットカードを申請した覚えはなく、怪しくないか?と疑い始める。
韓国では色んな詐欺が多いし、宅配です、と偽って、家に入ってくる強盗も多いし・・。

マンション玄関のインターホンが鳴り、みると、なんとおやじが、手でカメラを覆って、
自分の顔を写さないようにしてるではないか
怪しさ倍増!!

しかしとりあえず、マンションの玄関は通し
旦那は私を外に出そうとせず、自分だけ家の玄関の前に出て待っていて、(←これも私にはとても心配)
しばらくして、なにやら玄関前で会話している・・・

結局、封筒を受け取って戻って来て、
開封してみると・・・

コウンマムカードと全く同じデザインのクレジットカードが・・・

同封の説明書を細かく読んでみると、
先日申請した、産母・新生児援助の本人一部負担金の決済口座番号が書いてあり、
ここに振り込んでください、と書いてある・・

これが、申請後に発行されるという、サービス利用券(パウチ)か~

なら最初から、クレジットカードが届くって言えよ~
おっさん、カメラから顔隠すなよ~

ってことで、
サービス利用券(パウチ)とは、コウンマムカードと全く同じデザインのクレジットカードのことでした・・・。
プロフィール

tocoopie

Author:tocoopie
韓国人の夫と2007年5月から韓国に在住。
2009年9月に長女コンジュが産まれる。
韓国と日本の違いに、時には怒り、時には感心しながら
より快適に暮らせるよう、がんばって生きてます。
サバイバル能力は、ある方なのよね、きっと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。