トクーピーの韓国サバイバル日記

韓国で、より快適に生き抜け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビザの更新

昨日、ビザの更新に行って来ました。

ビザの更新というか、外国人登録証の更新というか、在留期間延長手続きというか、
外国人登録証に、在留資格:F-2-1 と載ってます。
F-2 というのが、韓国民の配偶者の資格のビザです。

最初の更新は、最初にビザが発給されてから、1年目でした。
ということで、去年に一度更新の時期があったのですが、なんと、その1~2ヶ月前に
泥棒に入られて、外国人登録証を財布ごと盗まれたので、
更新手続きというより、再発行手続きをして、ついでに今年まで更新してもらったのでした。

そして、今年の更新。

今までは、管轄の出入国管理事務所に行っていましたが、そこが遠いのです
ソウル・インチョン・キョンギドの3地区を、計12箇所しかない事務所に振り分けられるので、
遠い人は遠い。
それで、今年は、月に一度、うちの市役所に出張サービスに来てくれるという情報を得て、
市役所に行ってみました。
ちなみにうちの市では、毎月第4水曜日が出張サービスの日です。きっと地区によって違うのでしょうね。

うちの市は外国人が多いので、朝早く行った方が良いと言われて、朝9時に行くと、
窓口で、番号カードを渡されて、「13時半に案内所に来て下さい」と・・
番号は50番。
・・・でも、市役所から家まで、歩いて帰るような距離じゃないので、仕方なく、13時半まで
時間をつぶすことに・・・
韓国人の友達に来て貰って、おしゃべりと、昼食で時間を潰しました。

13時半に、まだまだ韓国語の怪しい私の通訳として、友達にも一緒に手続きに付き合ってもらいました。

申請に必要な物は、
 ・パスポート
 ・外国人登録証
 ・在留期間延長許可申請書(その場でもらって記入)
 ・婚姻関係証明書(市役所で即時発行 W1000)
 ・配偶者の住民登録謄本(市役所で即時発行 W350)
 ・配偶者の身元保証書(その場でもらって記入)
 ・手数料 W2万
 
本当は、配偶者の住民登録謄本をとるのは本人しかできないので、こういう更新時には夫が同伴じゃないといけないとか・・・ 身元保証書のサインも本来旦那がするものだし・・・
しかも、だいたいこういう役所の窓口は、ハングルの怪しい外国人には冷たい。
だから、私1人だとどうなっていたことか・・
でも、韓国人の友人がいてくれたおかげで、無事に更新手続きを終えることができました。感謝。

外国人登録証の裏に更新結果を手書きで書かれて返却されます。
2011年9月まで と記入されていました~

次の更新は2年後です。
どうやら、無事更新する毎に、信用を得て、期間が長くなったり、必要書類が少なくなったりするみたい。
次の更新の時は、婚姻関係証明書は不要だと言われました。

しか~し
終わったら、14時半ですよ。 一日がかりですよ。

自分家が市役所の徒歩圏内ならまだしも、
次回からはやっぱり旦那の休みの日に管轄の出入国管理事務所に行った方が早いかも、と思いました。

管轄の出入国管理事務所は、
そのまま行くと、300人待ちだったりします
でも、最近はインターネット予約とかがあって、予約して行くと、すぐに処理してもらえるんですよん。
 

スポンサーサイト
プロフィール

tocoopie

Author:tocoopie
韓国人の夫と2007年5月から韓国に在住。
2009年9月に長女コンジュが産まれる。
韓国と日本の違いに、時には怒り、時には感心しながら
より快適に暮らせるよう、がんばって生きてます。
サバイバル能力は、ある方なのよね、きっと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。