トクーピーの韓国サバイバル日記

韓国で、より快適に生き抜け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生届および出産育児一時金

子供の出生届などに関して、
今さらですが、メモ代わりに残して置きたいので。


出生届および、出生証明書
 二重国籍を希望する場合、韓国と日本の双方に届出をします。

 日本への届出
  出生届・出生証明書を、管轄の区・市役所・もしくは日本大使館に、期限内に届け出る。
  出生証明書を訳したものを添付すること(訳者の署名と捺印が必要)。

  期限や、様式は、管轄の役所によって、微妙に違うようなので、必ず早めに確認して、
  期限に遅れないようにしましょう

  私の場合、大使館は面倒くさいので、日本の知人に早めに送ってもらい、記入のしかたも
  詳しく聞いてもらい、届出も頼みました。
  うちの管轄は、出生届と出生証明書が一枚の紙になってて、
  出生届の「その他」の欄に、「日本国籍を留保する」と書いて、
  出生後3ヶ月以内に提出すれば大丈夫でした。



日本の出産育児一時金
 子供が生まれた時に、親が国民健康保険に加入していること
 未納分を支払えば、8年間保留できる
 私が産んだ時の支給額 35万円

 残念ながら、私は、海外転出届を出しているので、支給を希望するなら、
 一度帰国して、住民登録をし、それまで未納の保険料を支払わなければならない、
 ということで、
 渡航費や、未納分の保険金額を考えて、あきらめました。



 
スポンサーサイト
プロフィール

tocoopie

Author:tocoopie
韓国人の夫と2007年5月から韓国に在住。
2009年9月に長女コンジュが産まれる。
韓国と日本の違いに、時には怒り、時には感心しながら
より快適に暮らせるよう、がんばって生きてます。
サバイバル能力は、ある方なのよね、きっと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。