トクーピーの韓国サバイバル日記

韓国で、より快適に生き抜け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイシリコン・シンクドウ

こどもの日のコンジュへのプレゼントは、
前から買ってあげたかった、

아이실리콘 씽크도우 
( アイシリコン シンクドウ )

にしました。
(コンジュとおもちゃ屋さんに行って、
好きな物を選ばすと、
すぐにあきちゃう、それ家にあるじゃん的な
人形とか、車とかを選んじゃうので、
今回は、こっそり私が買っておいた・・・)

s-2013シンクドウ

前から、粘土的なものを買ってあげたかったんだけど、
手にひっつくし、硬くなってすぐ使えなくなる粘土を買うのを
迷ってる時にTVのCMを見て、これだ!!と思ってた物です。

実は、TVで見てた時は、

「アイシリコン」っていう名前だったので、
それをネットで検索すると、
「アイシリコン シンクドウ」
っていう名前のも出てきて、
「アイシリコン」と「シンクドウ」っていう、そっくりなのが2種類あって、
どっちがどうなん?って調べてみると、

結局、「シンクドウ」が、「アイシリコン」のアップグレード版的な
ものだということでした。
従来のいつまでも硬くならないという特徴をもった「アイシリコン」に、
オーブンで焼いたら硬くなって半永久保存できる、という特徴を加えたものが
「シンクドウ」だそうで。。。
あと、「アイシリコン」っていう製品名だったのが、
「アイシリコン」っていう会社名にして、新しく「シンクドウ」という製品を
発売した、らしいです。

ということで、新しい方がいいだろう、と安易な考えで、
シンクドウの方を買いました。

s-2013シンクドウコンジュ
シンクドウに熱中してるコンジュ


しかし、芸術性のない親と、親に似てしまったコンジュが、
保存したいと思う程の作品を作ることはなく、
アイシリコンでも良かったな、と思う今日この頃・・・

あと、どうなん?と思う点は、
違う色をひっつけると、
すぐにはずすと、きれいにとれるのですが、
しばらくおいておくと、次の日には、もう、きれいにとるのが難しいです。
かといって、赤と白を混ぜたらピンクになる、とか
きれいに混ざりきることもなく、
こんな状態になってしまいます・・・
IMG_5588シンクドウまぜまぜ
おどろおどろしい物体誕生・・・

まあ、すべての願いが実現する商品ってのは、
なかなか無いもんですな。

これでも、長く使える方でしょう。

今でも、コンジュは毎日のように、喜んでいじってます。

スライムのように、子供は、触ってるだけで
気持ちいいんだと思います
(私も気持ちいいから、一緒によく触ってます

あ、あと、シリコンなので、床で直接こねこねして遊んでると、
床がすごいつるつるになって、すべって危険です。
水ぶきで、すぐ解除できますけどね。



今朝も「シンクドウ チョア」(シンクドウ 好き)
といいながら、オリニチブに登園したコンジュでした。

良かった良かった

オリニチブ卒業&入園

2月末。約2年間通ってたオリニチブを卒業しました。
特に卒業式などはなく、
卒業日の前日に、軽く写真を撮ったみたいです。
s-SAM_5412촐업

卒業証書とともに、個人賞を頂きましたが、
コンジュは、これ
IMG_5437선행상
善行賞
「困ってる友達を助け、か弱い動物を保護する美しい心で・・・」
だそうで・・・
s-SAM_2061지렁이
みんなが逃げ回る中、‘か弱い動物’みみずと
戯れるコンジュ… こういうこと???

この個人賞、最初はみんな同じ「善行賞」かと思ってたけど、
後で友人に聞いたら、一人ひとり違うとか。
「科学賞」とか「話し上手賞」とかあったみたい。

ふ~ん・・・
コンジュ、園では、おとなしい優等生タイプだったのね
家とは違って・・・

卒業祝いに、コンジュの写真付時計を頂きました。
IMG_5441시계





そして、卒業から3日後には、
新しいオリニチブに通い始め、

先日入学式がありました。

式の順序は、職員紹介や、班ごとの園児紹介とか、
決めてあったみたいだけど、
なにせ、子供が小さいので、ぐだぐだになってしまい、
ちゃんと、並んで挨拶できたのは、一番大きい6歳組だけ・・・

コンジュのクラスはこんな感じ
s-IMG_5426입학식
右端の一番小っちゃいのがコンジュ

s-IMG_5429입학식선물
とりあえず、入学祝いだけをもらって退場~

IMG_5431입학축하공연
最後に、先生達の身体をはった祝賀公演があって、

ぐだぐだのまま、終わりました~

式が終わってから、
教室をのぞくと、コンジュの姿無し!
あわてて他の教室を見て周り、
別の教室で発見! ほっ

しかし、その事実に気づいてない、担任教師、& まぎれ込んでた教室の教師・・・

大丈夫? 先生・・・・
いくら登園3日目&大忙しとはいえ・・・

一抹の不安を残しつつ、帰宅してきたのでした・・・

がんばれ、コンジュ (いや、先生?)


新オリニチブ オリエンテーション

このところ、ちょっと暖かくなって、ようやく春の兆しを感じます。

先週、3月からコンジュが登園することになる、
オリニチブのオリエンテーションがありました。

でもですね、オリエンテーションがある、って連絡も、
この時代、個々に電話とか封書でくれないんですね

オリニチブのカフェで掲示されただけで、
うちなんか、カフェができたので加入するように、
との連絡もなかったから、
同じアパートの友人に聞いてなかったら、
ぜ~んぜん置いてけぼりになってしまうところでした。

けど、こんなことくらいでは、すでに怒りも覚えない
韓国文化にかなり慣れてきた私、なのでしょうか・・・

ところで、
オリエンテーション、
오리엔테이션 は、ちまたでは

オティ
오티 と訳されて使われることが多いみたいですよ。

「オティはいつあるのかな?」
とか言われて、
「オティって何?」って、聞いちゃいましたよ。

カフェでも、父兄たちはみんな、オティと略して、コメントしてます。

日々、学習~



ってことで、オティで、
新しい鞄と、お弁当箱と、園服を頂きました。
(48000ウォン、後日、入学金2万ウォンとともに、入金)
IMG_5423오티
(田畑のど真ん中にある園なので、自然=緑 を基調としたか?)

でも、園服も鞄も、センス良いので、ちょっとうれしい

お弁当箱は、オティの後、ママ達から不評で
(パッキンにかびがつきやすい、とかで)
今、希望者は、パッキンのないやつ
と交換してくれるようになってます。

この辺が、日本と違うかなあ~

日本だと、ちょっと不満でも、支給品はそのまま受け入れるって風習じゃないですか?

まあ、悪いことは悪いと言って、改善されるのは、良いことですが・・・


とにかく、コンジュ自身は、喜んで
園服着て、鞄背負ってみてましたね^^


今のオリニチブは、明日2月28日で最後、
そして、3月4日から、新しいオリニチブに通い始めます~



2013年度 国公立オリニチブ入園戦争終結

寒い寒い、昼でも零下の今日この頃

やっと、国公立オリニチブの入園戦争が終結しました。

私達の市での募集の流れは、
(募集要項については昨年と大部分同じなので、
 前のブログ記事‘オリニチブ入園競争’を参照して下さい)


1.11月14日に市庁のHPのお知らせ欄に
   2013年度園児募集の内容がアップされる。

2.募集期間 12月3日(月)~12月7日(金)午後6時まで受付
  入学願書と入所順位確認証明書を提出

3.12月7日(金) 午後6時半 入所決定通知

4.12月8日(土) 午前11時 抽選日
   (同順位で入所園児が人員超過した場合



いや~ 大変でした

まずは、どう広告されるかわからないので、
11月に入ってから毎日市庁のHPをチェック。
そしたら14日になってHPのお知らせの欄に一行ひっそりと現れるし
そこをクリックしたら詳しい募集要項が出てました。
市内に11箇所ある各園の募集人数と
提出する願書もダウンロードできます。
(願書は、各オリニチブでも入手できます)

うちの場合は、第一志望の園の募集人数が、5名だったため、

第二志望を新設の15名募集する園に決め、

書類を準備して、募集期間まで待ちました。


準備書類は、入学願書と、
入所優先順位確認のための提出書類。
うちの場合、多文化家庭(1順位100点)の確認書類、
(外国人登録証のコピーと、婚姻関係証明書か家族関係証明書のうちどちらか1部)

提出人数がどれくらいか読むために、
願書提出日の最終日に提出することにしました。

しかし、原則、どのくらい受け付けてるか、
そのうち何点の人がどのくらいいるか、とかの情報は、教えてくれないことになってます。

が、私立のオリニチブをどこも押さえてない私達、
ここで落ちるわけにはいかないので必死で教えてもらい、(秘密で)

第一志望の園は、私達をはるかに超す、300点と200点の人達で、
最終日すでに募集人数を越えているということで、

第二志望の園に提出することにしました。

しかし、300点って?
共働き&多子女&多文化もしくは低所得 とか???
100点なんて、ざらにいるってことです・・・

第二志望の園は、新設ということで、募集人数も多く、
しかも、新設されるという情報を知らない人も多いため、穴場なのでした。
でも、私達が願書提出した最終日2時の時点で、
100点以上の願書が22枚出てたので、
(ここの園では、簡単に情報を教えてくれた)、
抽選必至だな、ということで、重~い気持ちを抱えて、
午後6時半の発表を待ちました。

午後7時前になって、旦那の携帯にメールがピロロ~ンとやって来ました。

そこには、なんと

「2013年〇〇オリニチブ3歳組入園合格されました」
との文字が

ちょっと信じられなくて、何回も見てしまいました。

同じように情報を交換しながら同じ組に願書を提出していた友人にも
電話で確認したら、合格したとのこと。
オリニチブに電話で確認しても、合格したとのこと。

どうなったのか訳がわかんないけど、

とにかく、合格したのです~

旦那は、うちのアパートから4人応募してるので、
お迎えのバスを運営するのに、便利だから合格にしてくれたんじゃないか、
と疑ってます。
それは、大いにありそうだ、と思いますが、

とにかく良かった。これでオリニチブ入園戦争もやっと終結。

ついでに、新しいオリニチブへ通うのも、
今のオリニチブのお友達3人と一緒に通うことになるので、
コンジュ的にも、ストレスが少なく通い始められることでしょう


そして、オリニチブが決まったので、
私達の引越し先も、オリニチブに通える範囲内で探すことになるのです。


実は、第一希望のオリニチブの場所だと、
オリニチブの新学期に合わせて2月末に引っ越さなければならなかったのですが、

決まったオリニチブは、今住んでるところから通えるので、
アパート契約更新の5月に引っ越すことになるでしょう。同じ町内に…。
(契約更新日の前に引っ越すと、こちらが契約違反になるため
 お金が多くかかる)


なんか、子供が一人いるだけで、
生活がこんなにも変わるんだなあ~と、ここでも実感。
引越し先も、引越し時期も、
子供の学校環境に左右され、自由に決められないものなんですね・・・


ポロロの線描き

子供が線や絵を書く能力って、
自然に育つものだ、もしくは天性だと思ってた私。

ぬりえは、創造力が育たなくなると思ってたので、
(私自身の経験のみから)
今までまったく与えてなかったら、

どうも、コンジュの筆運びが、劣っているような気がしていたこの頃・・・

偶然、本屋で、内容も良く知らないだろうコンジュが
これが欲しい、と言ったので、
よく見たら、もしかして、いいかも、と思って
買い与えた、

      ソン クリギ 
ポロロの 선 그리기 (線 描き
IMG_5300ソンクリギ
左のは、線描きがヒットしたので、次に買った“模様描き”

よく見ると、선 그리기 という題の左側に
운필력UP (運筆力UP) と書いてますね!!
これが目に留まって・・・

中身は、こんなんです。
IMG_5302ソンクリギ中
点線をたどって描いていくのです。
ボードマーカーで描くので、消して繰り返し使えます。

これが~、ただ線をたどるのが、
子供って、簡単にできないんですよねぇ。ふしぎ、ふしぎ。

でも、なぜか、これにすごくはまって、
毎日、やってるうちに、
どんどん上手になって・・・・。

ついでに、一人で黙々とやってくれるので、オンマ大助かり
(もしや、集中力UPにも良いのでは?!)


そんな風に何日か過ごして、
ある時、画用紙にコンジュが絵を描いたのを見てびっくり
IMG_5303絵後
※星2つは、リクエストにより私が追加したもの

ピ、ピカソ?! (親バカ炸裂?)
なんという大胆な筆運び!
(オンマ感動して、絵の端に、日付入れちゃったよ

実は、ソンクリギをやる前までは、
こんな感じで描いてました。
IMG_5304絵前
ちっちゃい丸をチマチマと、
もしくは、がーっと塗りつぶす、
そして、「オンマ描いて」と、人にリクエスト。


数日間で、こんなに進歩。
う~ん、すごいな、ソンクリギ。


子供って、こんな些細なことも、練習して身に付けていくんだなあ、
(もちろん、もともと才能がある子供は、練習しなくても自然に
できたりするんだろうけど)

そのうちできるだろう、って、放っておくだけじゃなくて、
手伝って、教えて、練習させて、
できていくことが、思ったよりたくさんあるんだなあ、
って、気づきました。

プロフィール

tocoopie

Author:tocoopie
韓国人の夫と2007年5月から韓国に在住。
2009年9月に長女コンジュが産まれる。
韓国と日本の違いに、時には怒り、時には感心しながら
より快適に暮らせるよう、がんばって生きてます。
サバイバル能力は、ある方なのよね、きっと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。